バナナムーン設楽の好物「りんご飴」って、そんなにおいしいの?歴史や食べ方を調べてみた

芸能

バナナムーン設楽の好物「りんご飴」って、そんなにおいしいの?歴史や食べ方を調べてみた
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

縁日・祭の屋台で売っている「りんごあめ」。バナナムーンの設楽の大好物らしいが、りんご飴ってそんなにおいしいの?

バナナムーン設楽統の好物として有名

お笑い芸人バナナムーンの設楽統(日村勇紀ではないほう)が、ラジオ番組「バナナムーンのバナナムーンGOLD」で、りんご飴の素晴らしさについて、たびたび語っている。

りんご飴の発祥はアメリカだった!

りんご飴は、William W. Kolb によって発明された。Kolbはニューアークのベテラン菓子職人で、最初のりんご飴は1908年に生み出された。
クリスマス商戦に向けて彼が店でレッドシナモンの飴を作っていた時、彼はいくつかのりんごをその飴に浸し、ディスプレイに並べた。その初めて生産されたりんご飴は5セントで販売され、後に年間で数千個のりんご飴が販売されることとなった。
間もなくりんご飴はニュージャージーの大西洋沿岸(Jersey Shore)で販売されるようになり、りんご飴を扱う店は国中に広がった。(The Newark News in 1948)

出典 http://ja.wikipedia.org

りんご飴は英語で「キャンディーアップル(candy apple)」

欧米文化圏では古くから秋の収穫祭の時期によく振る舞われる。
特にハロウィンやイギリスのガイ・フォークス・デーでは定番となっているらしい。

屋台のりんご飴のお姉さんにも知れ渡る設楽のりんご飴好き

お祭りの出店にりんご飴を買いに行ったところ、りんご飴を売っているお姉さんに設楽さんだとバレる。

りんごあめ業界ではバナナムーン設楽のりんごあめ好きは有名なのか。

りんご飴の食べ方

飴は全部なめるのではない。
最初は少しなめるが、途中で歯で割れ目を入れてアメとリンゴをバリバリ食べる。
そうすると、飴の甘さとりんごのジューシーや酸っぱさが混ざって、とてつもなくおいしいらしい。

「なめて食べようとするヤツはバカ」だそうで(笑)

お祭りでしか買えないから希少価値があるのかと思ったら専門店があった

りんごあめ専門店が東京新宿にあった!
日本初の「りんごあめ専門店」

それは、「ポムダムールトーキョー」
所在地:東京都新宿区新宿5-9-12 KIビル 2F

出典 http://static.wixstatic.com

1

関連記事

月別アーカイブ