【NASAが発表?】11月15日頃から2週間、太陽がなくなる。アメリカやロシア他の国は国民に準備するように警告、しかし日本は?

話題

【NASAが発表?】11月15日頃から2週間、太陽がなくなる。アメリカやロシア他の国は国民に準備するように警告、しかし日本は?
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

NASAが11月15日頃から30日頃にかけて、太陽が真っ暗になり2週間暗闇になると発表。各国は準備に入りました。しかし、日本ではまったく報道されません。

下のほうに新情報があります。とんでもないことが。


ブラックアウトで地球は2週間、昼も夜も真っ暗になる

NASAの天文学者らは、11月15日から11月30日にかけて地球は昼も夜も真っ暗な状態になる可能性があると伝えています。

11月に起きる約14日間の暗闇は、金星と木星の位置が関係します。オバマ大統領が任命したNASAのトップ(チャールズ・ボルデン氏)が、ホワイトハウスに11月の暗闇を予測する資料(計1000ページ)を提供しました。

この資料によると、この期間中、金星と木星の距離がたった1度にまで接近した状態で並列になります。

金星が木星の南西部を通過するときに金星の光が木星を通常の10倍の明るさにし木星のガスを熱します。
すると木星のガスがある種の反応を起こします。
このガスが反応すると前例のない量の水素が宇宙に放出されます。
水素ガスは太陽の表面に到達し、太陽表面を爆発させます。

すると太陽表面は一瞬にして9000度ケルビンまで温度が上昇します。
すると、太陽は核から熱を放出しながら表面の爆発を止めさせようとします。
しかし核からの熱により太陽表面は暗くなり、赤ではなく青い色に変えます。

太陽表面が青くなると約14日間にわたり地球を暗くします。そして15日目に再び太陽は赤く輝くよ。

出典 http://mixi.jp

そんなこと、あるわけない?いいえ、このことは以前にもありました。

約6500年前、天照大神様(あまてらすおおみかみ)が岩戸にお隠れになり、太陽が消えてこの世は闇となってしまいました。

これは天の岩戸伝説の神話として残されていますが、実際にあったことのようです。

日食のように一時的に太陽が隠れることはあるのですから、隠れる期間が長くなる、ということが起こっても不思議ではありませんよね。

アメリカでは

オバマ大統領が
「太陽からの攻撃に備えるように」と緊急事態宣言を出しました。

ロシアは

モスクワ市民全員のシェルターを確保済み。
安心してくださいとの指示。

他、ドイツはじめ、世界の国は準備にとりかかっています。

太陽が隠れるとどうなる?

気温が下がり、屋外はマイナス50度くらいになります。
電気も止まるので、電気の暖房は使えません。
太陽光発電も使えません。
灯油やまきストーブくらいしか使えません。

対策法は?

電気がなくても使える暖房器具と燃料、飲料・食料の準備。
屋内でも寒いので地下室かシェルターがいいでしょう。

暗闇の2週間が過ぎてもも、地上の作物は死んでしまう可能性があります。


これが本当のことなのかどうかはわかりません。
アメリカ大統領選を延期するためのデマなのかもしれません。
が、いずれにしても、水・食料の準備はしておいたほうがいいかもしれません。

比較的暖かい地方では、被害は少ないという話もあります。

このニュースは偽ニュースとの情報がありました。が、何が起こるかわからない時代。災害に備えて準備しておくのも悪くはないでしょう。

実はこの情報、2015年2016年と情報がありデマだと言われていましたが、2017年にまた情報があり、今度こそという説もあります

Are You Ready for 15 days of darkness In November 2017? NASA Says Something?

The Strange Signs Of Darkness?The Fire Has Just Begun-Going Continue 2017/2018

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ