東日本大震災の10倍?内閣府が南海トラフ地震の警告を出す!

話題

東日本大震災の10倍?内閣府が南海トラフ地震の警告を出す!
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

東日本大震災を上回る巨大地震。南海トラフ巨大地震に対する警告を内閣府が出しました。

以下は、内閣府の動画を元に作成したものです。

南海地震は、駿河湾から日向灘へ伸びる「南海トラフ」で発生する地震

南海トラフ沿いでは、100~150年周期でM8程度の巨大地震が繰り返されてきた

「今後30年以内に70%程度の発生確率とされている」

最悪の場合、死者32万3千人。その時、わたしたちは何を経験するのでしょうか?

愛知 最大深度7・徳島 最大震度7・大阪 最大震度6強

各地で液状化の被害発生・途絶するライフライン

通行不能になる道路・鉄道

巨大津波が次々と沿岸に到達

最大波高
志摩 23メートル 下田 31メートル 大阪 4メートル 宮崎 12メートル

津波による死者だけでも、23万人

津波到達時間は最短数分

東北地方太平洋沖地震のときは、最短25分(釜石)だった
東日本大震災で釜石市の中学生達が実施した避難行動は、津波から生き延びるための確かなヒントを与えてくれる。

地震を感じたらすぐ、少しでも高いところへ。
津波から生き延びる方法は、ただ一つ。
津波が来る前に高台や、津波避難ビルへ逃げること。

長周期地震動が起こると高いビルは長時間にわたって揺れる

高層階になるほど揺れが大きい。
建物自体が持ちこたえたとしても、家具の転倒、移動などにより室内で大きな被害が発生。

超広域にわたる被害

被害の規模も広がりも東日本大震災以上。

そのため、従来の行政機関の救援・支援システムが機能しないおそれがある。
じゅうぶんな医療は期待できない。

避難所の収容能力を超える避難者が発生。
劣悪な環境下での生活が続くと想定される。

公助に頼らないそれぞれの自助・共助の精神による対策

日ごろからの防災訓練や備蓄など、ひとりひとりの自助の力、家庭や地域の共助の力を高める必要がある。

被害想定の全体像

死者数
最大32万3千人
(東日本大震災の17倍)

倒壊および焼失棟数合計
最大238万6千棟
(東日本大震災の18倍)

上水道
最大3,440万人が断水により使用不可能

下水道
最大3,210万人が利用困難

電力
最大2,710万軒が停電

都市ガス
最大180万戸の供給が停止

固定電話
最大930万回線が通話不能

携帯電話
大部分の通話が困難に

道路
路面損傷、沈下、橋梁損傷
4万ヶ所

鉄道
路線変状、路盤陥没等
1万9千ヶ所

港湾
係留施設五千ヶ所で被害

対象防波堤
126~135kmで被害

空港
中部国際、関西国際、高知、大分、宮崎空港は、津波で浸水

帰宅困難者
京阪都市圏660万人
中京都市圏400万人

避難者
1週間に最大950万人


避難生活は大変過酷なものになる

経済的被害

約215兆円
東日本大震災の10倍以上。日本の国家予算の2倍以上。

対策のために、動画を最後までぜひ見ましょう。

家庭では、最低3日分できれば7日分の食料の備蓄を!

災害用トイレの準備も。

南海トラフ巨大地震を防ぐことはできませんが、備えることで被害を最小限に抑えることは可能。

ツイッターより

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ