【速報】皇太子妃雅子の父、小和田恒が皇室のお金に手をつけ、現在スイスで軟禁中。逮捕目前か?

話題

【速報】皇太子妃雅子の父、小和田恒が皇室のお金に手をつけ、現在スイスで軟禁中。逮捕目前か?
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

皇太子妃雅子の父親とされている元・外交官の小和田恒がスイス銀行の皇室のお金に手をつけ現行犯で軟禁中とのニュース

皇室については、美智子様や皇太子、愛子様までもニセモノがいることがわかり、国民はだまされていたことに気付き始めています。そして皇太子妃雅子様の真実を知りました。

皇室については、マスコミが報道する通りに、高貴で素晴らしい方々だと信じて疑わなかった私。
多くの日本人はそうではなかったでしょうか。

しかし、最近になって次々と明かされる真実。

今までだまされていた日本国民。

しかし、知らないのは日本人だけで、外国の人たちは知っていたみたいですね。

雅子さまの真実はそのうち書きますが、きょうは雅子妃の父であるとされている、小和田恒氏のことについて速報が入ってきましたので書いてみようと思います。

小和田恒(おわだ・ひさし)氏とは

ウィキペディアより

小和田 恆(おわだ ひさし、1932年〈昭和7年〉9月18日 - )は日本の元外交官。国際司法裁判所判事。
外務事務次官、国連大使、財団法人日本国際問題研究所理事長、国際司法裁判所所長(第22代)等を歴任。皇太子徳仁親王妃雅子の実父。

出典 http://ja.wikipedia.org

出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com

小和田氏の悪事は何年も前から有名だったらしい

皇太子妃の父という立場を利用して、皇太子をだまし、後藤田正晴氏や元日銀総裁の三重野康氏、武藤敏郎日銀総裁、小泉純一郎氏まで巻き込み、怖ろしいことをしてきたとか。

先日、プーチン大統領が来日した時、昭和天皇即位の礼の際に作られたロシア所蔵の刀がプレゼントされましたが…

おかしいとは思いませんか?

日本の皇室の刀、日本になければならないはずの刀がロシアに?

それをわざわざプーチン大統領がプレゼントしたということは?

皇室の財産(ティアラ・ネックレス、骨董品等)はヤフオクで売りに出されている

お金に困った一般市民が家にあるものをヤフーオークションに出して小銭を稼ぐ…。
皇室もお金に困ったので、ヤフオクに出しちゃいました~~。てへぺろ。
って!

出典 http://blogimg.goo.ne.jp

話がそれてしまいましたが…

そして今、小和田恒が天皇家の財産に手をつけました

スイスの銀行にある天皇家の財産は、日清戦争以来蓄積されたもので、その額、8兆円。

小和田恒は2016年12月19日現在、スイスのホテルに軟禁されている

政府が救出に向かったが、らちがあかず。

続報が入りましたら書きます。

小和田恒スイス軟禁は本当だったようです。

私「各社は、皇室の現状をどこまで把握しているんですか?」

元高官氏「担当記者たちは、小和田恒の件ついては、現地で確認したし、ネットでは人気「皇室ブロガー」の記事は毎日チェックしているらしい。それと名前は忘れたが皇室関係の専門掲示板が有るんだろ?」

私「有ります」

元高官氏「複数の美智子、複数の皇太子、複数の愛子さんは事実として認識してるよ」

私「本当ですか?」

元高官氏「ああ、それで、せめてもの抵抗で、或る社は、記事で皮肉を言ったり、似ても似つかない女の子を偽愛子として制服着せて写真掲載したそうだ(笑)」

私「早速、週刊誌作成の愛子○号を探してみます」

元高官氏「ちょっと残念だったけど、特に解放同盟は「共謀罪」の成立を安倍総理の復権当時から異様に恐れている。国会の6月18日の会期末まで様子を見ようや。

「共謀罪」が成立したら、世間の雰囲気も変わるかもしれない」

私「で、今回は記事にするんですか?」

元高官氏「おう、やってくれ、各誌は、「事実確認」は終わっているけど「反社会的勢力」の脅しで記事に出来ないとな。それと、この前、君がやったように

アラビア系とフランス系の2紙に情報提供してくれ。」

私「了解しました。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元高官氏とのやり取りはここまでです。

週刊誌が「書かない」ことで「小和田恒スイス軟禁」が「事実認定」されたのです。

出典 http://fushimi.hatenablog.com

皇室については、信じたくない人もいるでしょうが、調べてみてください。

調べれば調べるほど、真実を見せつけられてしまいます。

このことは日本のマスコミでは一切報道しないでしょうね。日本の恥ですから。

拡散希望。日本人がこれ以上だまされないですむように。皇室が他の国に乗っ取られないように。

下の「fシェア」「ツイート」等から拡散できます。この記事がランキングに上がると他の人のブログ記事にも拡散できる仕組みになっています。

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ